FC2ブログ

シャンプー

こんにちは木川です
皆様に知っているようで知らない。やっているようでやってない基本の「き」。

今回はシャンプーの正しいやり方について説明しますね。


扱いやすい髪を作るのは毎日の小さな積み重ねから。いくら高級なシャンプーやトリートメントを使っても、間違ったシャンプーの仕方を続けていては意味がありませんよね。


1、予洗いをする

髪を適度にぬらすだけでなく、あらかじめしっかりお湯で髪・頭皮表面の汚れを落とします。

予洗いの役目は、汗やホコリ、ゴミなどを落とす。皮脂をとれやすくする。
皮脂の成分は、34℃以下では溶けにくく頭皮に残りやすくなり、逆に40℃以上になると過剰にとりすぎてしまうため、シャワーのお湯の温度は38℃くらいが適温です。


2、シャンプー剤をつける

シャンプー剤は髪表面につけて、しっかり泡立てます。

直接頭皮にシャンプー剤をつけてあらうのはNGです。泡立つ部分は髪の毛なので髪表面につけて、しっかり泡立てましょう。


3、洗う

指の腹を使って、泡で頭皮を洗います。

ツメを立てて洗ったり、力を入れてゴシゴシ洗うと頭皮を傷つける原因となります。
ツメを立てずに、指の腹を使って、頭皮全体に泡を行き渡らせ、泡を使って優しく洗いましょう。


4、すすぐ

洗いと、同様にすすぎにもしっかりお時間をかけます。

一般的に洗いには時間をかけますが、すすぎは軽視しがちです。せっかくシャンプーで浮かせた皮脂や汚れが頭皮に残ったりシャンプー剤自体が残ることも、かゆみ等の原因となります。
頭の各部位を意識して、それぞれの部位の髪の根元に指を潜り込ませるようにして、すすぎましょう。


5、トリートメント(リンス、コンディショナー)をつける

ヘアトリートメントは頭皮につけてはいけません。
ヘアトリートメント髪のダメージをケアし、指通りをよくするために髪につけるもので、直接頭皮につけると髪の根元や頭皮がベタつき、ボリュームがなくなってしまいます。
なのでヘアトリートメントは必ず髪の中間から毛先につけましょう。
頭皮用トリートメント(スキャルプトリートメント)は頭皮にうるおいを補給するものなので直接頭皮につけても大丈夫です。



ちゃんとシャンプーできてますか?
日頃のお手入れが1番のヘアケアです。みなさんも正しいシャンプーしてくださいね。



スポンサーサイト



Category: スタッフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する