FC2ブログ

髪の毛のお勉強

今年、第一弾は、前回の関連で


シャンプー選び



お悩み①
髪や頭皮が乾燥する

髪にパサつきやごわつきを感じる。コシがない。という方は

アミノ酸系シャンプーがおすすめ!

特徴
弱酸性で低刺激。
洗い心地もマイルド。
洗浄力が弱く、泡立ちが悪いと感じる場合もある。
乾燥肌、敏感肌向き。

アミノ酸系:合成界面活性剤(ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルメチルタウリンNaなど)を配合。



お悩み②
フケやかゆみが出る

細かい粉のようなフケが出る、髪や頭皮にかゆみを感じやすい方は

石けんシャンプー薬用シャンプーがおすすめ!


石けんシャンプー

特徴
洗浄力はあるが、石けんカスが残りやすいのでしっかりすすぐ。はじめのうちは髪がきしむように感じやすい。
アルカリ性に傾く欠点があるため、クエン酸やお酢、レモン汁などをリンスとして、もしくは市販の石けんシャンプーの専用リンスを使う。
需要は少ない。
乾燥肌、敏感肌向き。


薬用シャンプー

特徴
医薬部外製品で有効成分がある。
一般的なものよりも効果効能が期待できるが、有効成分などが人によっては刺激となる場合がある。
乾燥肌、敏感肌向き。



お悩み③
髪がベタつく
洗っても髪がベタベタする。コシやつやがない方は

アルコール系シャンプーがおすすめ!

市販のシャンプーで最も多いタイプ。洗浄力が高く、泡立ちがよい。
刺激がやや強いめ肌の弱い人には不向き。シャンプー後にきしみ感があれば、リンスなどで油分を補う。
オイリー肌向き。


お悩み④
髪が傷んでいる

たんぱく質や保湿成分配合シャンプーシリコン配合シャンプーがおすすめ!


たんぱく質や保湿成分配合シャンプー

髪の状態を整えるたんぱく質、潤いを保つ保湿成分も配合。

たんぱく質:コラーゲン、ヒアルロン酸、ケラチンなど。

保湿成分:グリセリン、BGなど。



シリコン配合シャンプー

コーティング剤の成分を配合したもの。
髪に潤いをもたせる。

シリコン:ジメチコン、シクロメチコン、アモジメチコンなど。



その他にも、長所、短所はありますが
、自分に合ったシャンプーを選んで健やかな髪を保ちましょう



今回は、ここまでです


前田でした
スポンサーサイト



Category: ヘア知識

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する